自分の風習や肌質を分かることは大切です

面皰になりやすいという自分は表皮の流れが遺伝やるケー。

1つ目は、角質の遺伝だ。

体の細胞は、全額父母に依存していきますが、その中に、角質をつかさどる細胞があります。

角質は、強固かどうかにて、面皰になりやすいかどうかがまとまるので、遺伝頼りになってしまうのです。

角質が強いって、皮脂を賢く逃すことができず、中に皮脂を溜め込んでしまいがちとなり、面皰の要因になってしまう。

次は、酵素の遺伝だ。

酵素は、体の至るところに存在し、色々な使い道を担い活躍していますが、その中で面皰の原材料を作り出して仕舞う酵素というものがあります。

こういう音量が多いか安いかによって、面皰が適い易いかどうかが決まるのです。

こういう酵素は、ダディーホルモンに呼びかけます。

こういうダディーホルモンは、外敵がたまっていると多く作られてしまうため、
酵素遺伝を通じて面皰ができ易い自分は、積極的に外敵を晴らすように生活していくため、大幅に点検が期待できます。

これらの実質は、自分の面皰の原因がどこにあるか知っておくため、どんどん効果的な医療ができということをあらわしている。

自分の風習や肌質を分かることは大切なのです。